新しい声のヒント

新しい声の開発というのは一筋縄にいかない。なぜ簡単ではないのかというと、どの声が人にとって魅力的かがわからないからです。人に馴染みのある声があればその声を出せるように訓練すればいいですが、新しい声を開発して市民権を得るのは大変です。声優の声はお笑いのネタと同じで、まず人に見せて・聞かせてどの声がいいと思うか判断してもらうことから始まると思います。そこで「良い」と判断されれば、実際に採用して売りだしていけばいい。その声を繰り返し使うことで聞く側にも馴染みの声になっていくので、浸透するまでは何度も使っていく。新しい声の元になるものは世の中にたくさん転がっています。もちろん自分の出せる声質がありますので何でも試せばいいというものではないですが、例えば誰かの講義とかテレビを見て面白い声があったり、YouTubeで見つけたらすぐ録音できるように常に準備しておきましょう。世の中にはたくさんのヒントが転がっています。

Filed under