オーディションに参加しまくる

声優になるには、レッスンが不可欠だというお話をしたと思いますが、専門学校や養成所に通い、スキルを習得したところで、実際に声優事務所に所属して、コンスタントに仕事をもらい、声優1本で食べていける人の数は限られています。

チャンスをつかめずに終わる人も多いのです。

ですから、声優を目指す人にアドバイスしたいことは、どんなに小さなものでもいいから、オーディションを受け続けることです。

最初のうちは、緊張してしまって結果を出せないでしょう。

対策の方法も分からないのですから、当然です。

しかし、場慣れしてくると共に、どのように受け答えすればいいのかも分かってくるのです。

そして、オーディションで勝ち取った役で、現場経験を積むことが最も重要です。

もちろん、このようなオーディションでは、ギャラが発生しないことが多いのですが、大切なのは、書ける経歴と経験を増やすことなのです。

声優に強い専門学校や学校などではオーディションのコツなども学ぶことができるので
入学する価値はあるかと思います。

あとはあなたのやる気だけではないでしょうか?